trouble更年期障害・思春期のお悩み

  • HOME>
  • 更年期障害・思春期のお悩み

更年期障害

ほてり・多汗・イライラなどの変化はありませんか?

ほてり・多汗・イライラなどの変化はありませんか?

ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、疲れやすい、イライラなどのお体の変化を感じて、普段の生活でお困りではありませんか?
もしかするとそれは更年期障害かもしれません。

個人差はありますが、一般的に50歳前後に閉経を迎えて、その前後の期間(45~55歳ごろ)のことを更年期と言います。
この時期に現れるほてり・多汗・イライラなど症状を更年期症状と言い、それにより日常生活に支障を来すようなことを更年期障害と言います。

更年期障害の原因は?

更年期障害の主な原因はホルモンバラスの乱れで、更年期には女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少してしまうため、のぼせやほてり、多汗、イライラ、めまいなどの様々な症状が現れます。
またホルモンバランスの乱れだけでなく、ストレスなどの心理的要因が複雑に絡まって起こることもあります。

更年期障害の症状は?

更年期障害で現れる症状は様々で、個人差がありますが、主なものは次の通りです。

  • ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)
  • 多汗
  • 冷え
  • 頭痛
  • めまい
  • 動悸・息切れ
  • 手足のしびれ
  • 疲労感
  • イライラ
  • 不眠

など

このような症状でお困りでしたら、お気軽に熊本市西区の末永産婦人科医院へご相談ください。

更年期障害の治療は?

ホルモン補充療法

急激な女性ホルモン(エストロゲン)の減少に対して、ホルモンを補充することで症状の改善をはかります。
更年期障害に対するホルモン補充療法は内科でも受けられますが、産婦人科医はホルモン剤の取り扱いに慣れており、メリット・デメリットをきちんと把握したうえで適切に行うことができます。

プラセンタ注射(保険適用)

プラセンタとは胎盤のことで、これにはタンパク質やアミノ酸、ビタミンなどの豊富な栄養が詰まっています。
これを注射することで更年期障害のつらい症状を改善します。
更年期障害への治療としてプラセンタ注射を行う場合、保険適用で受けられます。

漢方治療

長年、漢方治療に携わってきた医師が、その方の症状に合った漢方を処方して症状改善をはかります。

思春期のお悩み

生理に関するお悩みが多いです

思春期の患者さんのお悩みで特に多いのが、生理に関するお悩みです。
当クリニックではこうしたお悩みに対して、産婦人科専門医として適切な治療を行わせていただきます。
月経困難症(生理痛)、生理不順、過多月経など、生理に関わる症状でお困りでしたら、お気軽に当クリニックへご相談ください。
低用量ピルの処方や漢方治療、また必要に応じて食事療法を行うなど、その方のお悩みに合わせて最適な治療方法をご提案いたします。
生理のお悩みの中でも特に多いのが月経困難症ですが、“生理痛は我慢するもの”とお考えにならずに、色々な方法で改善させることが可能ですので、お気軽にご相談ください。

末永産婦人科医院

子宮頸がんレーザー治療専門サイト

末永産婦人科医院

性感染症専門サイト

TEL

アクセス