doctor医師紹介

  • HOME>
  • 医師紹介

院長紹介

院長

末永 義人

末永 義人

経歴

平成2年3月
久留米大学医学部 卒業
平成2年5月
熊本大学医学部附属病院産科婦人科勤務
平成8年4月
三井大牟田病院産婦人科勤務
平成9年4月
荒尾市民病院産婦人科勤務
平成10年4月
熊本大学医学部附属病院産科婦人科勤務
平成15年3月
小国公立病院産婦人科勤務
平成17年4月
末永産婦人科医院勤務
平成27年6月
末永産婦人科医院理事長就任

資格

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医

院長インタビュー

50年以上の歴史あるクリニック
地域の女性の皆さんに
信頼の診療をお届け

末永産婦人科医院の開院はいつですか?

INTERVIEW 01

末永産婦人科医院の開院はいつですか?

昭和46年(1971年)に父が開院しましたので、もう50年以上の歴史があります。
私は大学卒業後、熊本大学病院の産婦人科教室に入局し、平成15年3月まで在籍していましたが、平成17年4月に退職して当クリニックの院長に就任しました。

医師を目指したきっかけは?

INTERVIEW 02

医師を目指したきっかけは?

よくある話かもしれませんが、やはり父の影響が大きかったですね。
私が小学生になる時、今の場所で父が末永産婦人科医院を開院したのですが、その時からずっと父の背中を見ていました。
父は朝から晩までお産に付きっきりになるなど、とても熱心な医師で地域の皆さんにとても信頼されていました。

産婦人科医になろうと思った理由は?

INTERVIEW 03

産婦人科医になろうと思った理由は?

外科領域に興味があって、外科に進もうと考えたこともありましたが、医学部に進む時から当クリニックを継ぐという気持ちがあり、また出産における帝王切開など、産婦人科でも手術が必要になるケースはあり、やりがいを感じられると思い今の道に進むようになりました。

患者さんへの“説明”を大切に
不必要な内診は行わず
患者さんの不安・抵抗感に
配慮して診療

検査・治療を行う時に大切に考えていることは?

INTERVIEW 04

検査・治療を行う時に大切に
考えていることは?

産婦人科へお越しになる方は、内診台へ上がることに抵抗がある方が多いです。
大学病院などでは必ず内診台に上がっていただくことになりますが、当クリニックでは「何が必要で、何が大切なのか?」ということを患者さんとよく相談して、検査内容を決めるようにしています。
なので、必ずしも内診を行うわけではありません。
特に中学生・高校生などの若年代では、デリケートなことですので、不必要な内診は行わないようにしています。

男性医師から診察を受けることに抵抗がある方もいるのでは?

INTERVIEW 05

男性医師から診察を受けることに
抵抗がある方もいるのでは?

私の妻は助産師ですし、女性看護師もおりますので、そうした女性スタッフにサポートしてもらいながら、患者さんの不安や抵抗感、精神的負担に配慮した無理のない診療を行うことが可能です。
なので男性医師の診察に抵抗があるという方も、安心してご相談いただければと思います。

末永産婦人科医院の診療の特徴は?

INTERVIEW 06

末永産婦人科医院の診療の特徴は?

子宮頸がんの予防や早期発見に力を入れて取り組んでいることや、漢方治療を導入していることなどが特徴として挙げられると思いますが、やはり一番は“患者さんとしっかりお話をすること”ではないでしょうか。
患者さんとのお話を大事にするあまり、話が脱線して長くなることもありますが(笑)、しっかりコミュニケーションをとって安心・納得して検査・治療を受けていただくようにしています。

子宮頸がんの予防・早期発見に注力
CO2レーザーを使った
“子宮頚部
レーザー蒸散術”を実施

子宮頸がんの予防・早期発見に注力している経緯は?

INTERVIEW 07

子宮頸がんの予防・早期発見に
注力している経緯は?

以前勤めていた熊本大学病院では、子宮頸がんの診断(婦人科病理)や婦人科腫瘍を専門としていました。
その経験が、今の子宮頸がん予防・啓蒙活動への注力に繋がっています。
末永産婦人科医院の院長に就任するにあたって、子宮頸がんの手術治療など大学病院でやっていたようなことにはタッチできないため、その手前の予防や早期発見、レーザー治療などに力を入れています。

子宮頸がんのレーザー治療について教えてください

INTERVIEW 08

子宮頸がんのレーザー治療
について教えてください

子宮頚部レーザー蒸散術と言い、CO2レーザーを使って病変を焼灼して子宮頸がんへの進行を防ぎます。
大学病院時代からずっと行ってきた治療なので、その時の経験が今に活きています。
当クリニックのレーザー治療は、基本的に0期(子宮頸部上皮内腫瘍:CIN)と呼ばれる上皮にとどまったステージまでが適応となり、子宮の温存が可能なことや妊娠への影響が少ないことなどがメリットとして挙げられます。

子宮頸がんワクチンに対する院長の考えは?

INTERVIEW 09

子宮頸がんワクチンに対する院長の考えは?

私としては、“予防接種で防げる唯一のがん”として、やはり子宮頸がんワクチンの接種は重要視しています。
昨今の子宮頸がんワクチンの副反応の問題で、接種率は確実に下がっていますが、“20~30代の方が妊娠して婦人科へ来て、がんが見つかる”という痛ましいケースを目の当たりにすると、ワクチンの重要性を再確認します。

子宮頸がんに対してはワクチン接種だけでなく、定期的な検診も大事で、ワクチンに対する不安があって接種できないということも理解できますので、そういう理由でワクチン接種しないのであれば、せめて年1回の検診だけでも受けてほしいです。
それはワクチン接種しない方だけでなく、ワクチンを打たれた方も同じで、定期的な検診の受診をおすすめしています。

女性特有の症状・お悩みを
気軽に相談できるクリニック
生理痛や性感染症の治療、
ピル処方など
何でも気軽にご相談ください

子宮頸がんの予防・早期発見に注力している経緯は?

INTERVIEW 10

最期に、HPをご覧の方へ
メッセージをお願いします

末永産婦人科医院は開院以来50年以上、地域に根ざした女性のためのクリニックとして、近隣にお住まいの方々を中心に診療を行って参りました。
生理痛や生理不順、更年期障害などの女性特有の症状・お悩みの改善、また性感染症の治療やピルの処方、中絶手術、そして妊婦健診やがん検診、ワクチン・予防接種など、女性の健康を守るために幅広く診療しております。
気軽に相談できるクリニックを目指しておりますので、お困りの症状がございましたらいつでもご連絡ください。

末永産婦人科医院

子宮頸がんレーザー治療専門サイト

末永産婦人科医院

性感染症専門サイト

TEL

アクセス